忍者ブログ
アルゼンチンタンゴが 日本により広がりますように!
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    [01/01 ミロンゲーロ]
    [07/13 ラテンカラー]
    [01/12 GYU]
    [01/11 如月弥生]
    [01/11 GYU]
    [01/10 アンディいむにだ]
    [01/08 GYU]
    [01/07 Lam]
    最新記事
    最新TB
    (10/01)
    プロフィール
    HN:
    GYU
    HP:
    性別:
    男性
    職業:
    タンゴダンサー
    趣味:
    アルゼンチンタンゴ
    自己紹介:
    アルゼンチンタンゴを日本に広めべく活動している。

    丑年にあやかり邁進中。


    Vamos a bailar de Tango!
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    忍者アド
    アクセス解析
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







    DSC_0178.JPG

    インスピレーションが出てくる。
    インスピレーションが出ないこともある。
    インスピレーションの源は外にある。

    私の役目はインスピレーションとその源の仲介者、媒介するフィルターの役目だ。

    内にある何かは次へと新しく生まれるきっかけ。




    自分を愛そう。
    他人を愛そう。
    周りを愛そう。


    関係の向こうに新たな創造がうまれる。
    愛するものの向こうに愛が生まれる。


    TANGOのAbrazo(抱擁)はいつもインスピレーションと愛の源泉だ。


    GYU

    PR


    8319_168712379255_751894255_3748575_5037215_n.jpg
          「Tango」はいつもあなたの元にある。



               The Tango is always in your heart.






    GYU


    最初の体験は忘れられない。

    久しぶりにZOUKのPARTYに
    ペアダンスに出会ったのはZOUKが最初。

    ペアダンスの楽しさを思い出す。

    もし、何かトラブルがあったとき最初に戻る。

    感覚が蘇る。



    ダンスを タンゴ 

    を始めた楽しさをどこかの感覚で覚えている。

    感覚が記憶です。


    GYU

    歌声で一番難しいのは

    ビブラートだと聞いた。

    震える声。

    揺れる声。

    タンゴも同じだ。

    歌も演奏も踊りふるえあう。
    旋律が揺れうごく。

    素敵な日曜日を

    GYU

    タンゴで踊っていての陶酔感は
    手足胴体が無くなるみたいだ。

    固いものが無くなり
    ゲル状な物質になったよな
    、あだ脊椎も無い、臓器も無い
    それは太古のアメーバ。

    同化する。同化ではない、

    もっと生々しい。
    融合する。



    触れると解ける、溶ける、融ける。


    30億年かけ人になった生物は
    二人になるとで30億年前に回帰する。


    タンゴの創造性は限りない。


    GYU


    タンゴは生ものである。

    踊るのが「人」である。相手するのも「人」だ。

    「人」は時間と共に変化する。
    また精神というのでも変化する。
    状況でも変化する。

    今日の踊りが最高ならば
    明日は最高に踊れる。

    それが理想だ。


    実際には色々なことが起きる。


    イチローは同じ事を毎日すると言っていた。
    試合がある日は同じ時間に同じ事をする。


    タンゴに技術という区分けがあるならば
    技術の鮮度はいつも最高に保ちたい。


    鮮度を保つには自分への注意も必要だが、
    保つ客観的な研究が必要だ。

    状況の変化に揺らがないもの。
    いや揺らぐからこそ揺らぐ本質をつかみとりたい。


    ある最新のダンサーのデモを観た。


    前のが好きだ。


    これは理屈じゃあ無い。
    またビデオなので本質ではない。
    なので色々言及するには及ばない。


    タンゴは生だ。

    ライブだ。

    さぁ ミロンガに出かけよう。



    GYU





















    歩きは本能的な動きだ。

    タンゴの歩き然りである。

    歩きは作るものではなく感じるもの。

    作りだすと身体は正直だ
    直ぐに弊害が出る来る。

    その歩きを感じ、コントロールする。
    動かすのではなく動いてしまう流れを感じ
    その流れを統制する。

    本能は動いてしまう。野生さを隠さずにあらわにする。

    本能の流れは動き出す。
    身を任す、本来持っている動物臭い動きを感じ掴む。



    タンゴはなぜ熱くクールなのか
    本能と理性の狭間を感じられるダンスだからじゃないか。


    GYU



































    1ヶ月半ぶりの更新である。


    Ezequiel y Sabrina

    彼らのTANGOを観た時の衝撃は忘れられない。

    別れる直前の映像だと思う。何度観ても素晴しい。








    タンゴの技術で大切なのは



    まっすぐはまっすぐ。



    横は横。


    前は前。



    後ろは後ろ。



    捻るは捻る。



    余分な物は要らない。








    もう一つそれを構成するのは大切なものは対比するエネルギーである。



    GYU






















    前のページ 次のページ
    Copyright © タンゴを踊ろう=アルゼンチンタンゴ人口100万人計画= All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]