忍者ブログ
アルゼンチンタンゴが 日本により広がりますように!
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    フリーエリア
    最新CM
    [01/01 ミロンゲーロ]
    [07/13 ラテンカラー]
    [01/12 GYU]
    [01/11 如月弥生]
    [01/11 GYU]
    [01/10 アンディいむにだ]
    [01/08 GYU]
    [01/07 Lam]
    最新記事
    最新TB
    (10/01)
    プロフィール
    HN:
    GYU
    HP:
    性別:
    男性
    職業:
    タンゴダンサー
    趣味:
    アルゼンチンタンゴ
    自己紹介:
    アルゼンチンタンゴを日本に広めべく活動している。

    丑年にあやかり邁進中。


    Vamos a bailar de Tango!
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    忍者アド
    アクセス解析
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    タンゴには色々な魅力がある。

    人の魅力を引き出すダンスだ。

    その中でもその人の
    「エレガント」を引き出すダンスだと思う。

    エレガントさは
    その人の品や高貴さを醸し出す。





    PR

    タンゴを踊っている時、
    二人の間に中心(ポジショニング)をつくる。
    その中心の考え方が3つある。


    男性を中心にする。
    女性を中心にする。
    二人で中心をつくる。(組み方はオープンとクローズとあります)






    人には役割があります。

    タンゴにも役割があります。

    男は女をリードをする。

    女は男をフォローをする。

    リードやフォローの役割は
    リードは人を導き、フォローもひとを導く。

    どこに導くか?

    自分の世界か
    相手の世界か
    二人の世界か

    悦に入った瞬間
    一人の世界だ。


    GYU







     





    歌声で一番難しいのは

    ビブラートだと聞いた。

    震える声。

    揺れる声。

    タンゴも同じだ。

    歌も演奏も踊りふるえあう。
    旋律が揺れうごく。

    素敵な日曜日を

    GYU

    歩きは本能的な動きだ。

    タンゴの歩き然りである。

    歩きは作るものではなく感じるもの。

    作りだすと身体は正直だ
    直ぐに弊害が出る来る。

    その歩きを感じ、コントロールする。
    動かすのではなく動いてしまう流れを感じ
    その流れを統制する。

    本能は動いてしまう。野生さを隠さずにあらわにする。

    本能の流れは動き出す。
    身を任す、本来持っている動物臭い動きを感じ掴む。



    タンゴはなぜ熱くクールなのか
    本能と理性の狭間を感じられるダンスだからじゃないか。


    GYU



































    タンゴの技術で大切なのは



    まっすぐはまっすぐ。



    横は横。


    前は前。



    後ろは後ろ。



    捻るは捻る。



    余分な物は要らない。








    もう一つそれを構成するのは大切なものは対比するエネルギーである。



    GYU






















    ブエノスアイレスに一年間滞在したときに、一ヶ月ほどメンドーサにいたことあった。
    きっかけは観光ビザが切れることで海外に出ないと行けないことと、
    年末にディスコで大きな火事になり、ブエノスアイレスのミロンガがほとんど中止になったこと。
    そのことを友人に話したらメンドーサに遊びにこないか?ということで 
    バスに揺られ10何時間南米大陸を横断した。


    メンドーサでは友人の紹介で、アサード食べたり、プールで泳いだり、ワインのボデーガを尋ねたり
    アンデスツアーに参加しアコンカグアを見たり、そして ヘラード屋で毎日一個アイスクリームを食べて、街の中心にある公園でゆっくり過ごした。
    もちろんミロンガにも行った。しかし毎日は無く、水曜日、金曜日と日曜日あったと思う。

    自分が滞在したところはバックパッカーが止まるところ。
    みな それぞれの思いで滞在していた。
    アンデスの麓で南米最高峰アコンカグアにチャレンジする日本人にも出会った。

    メンドーサは、シエスタの街。午後なるとチェーン店以外はみなお休み。
    街は静かだ。

    最高の楽しみはプールだ。一日中泳いでいた時もあった。空気が乾いていて水がとても気持ちいい。


    そのメンドーサに滞在中、友人からチリのバルパライソに行かないか?と誘われる。
    バルパライソでタンゴのフェステバルがありそのコンペティションにでないかと。

    二つ返事でOKだし、その後は毎日彼女のマンションの屋上で練習した。
    チリに行く当日は、嵐でバスが出るかわからなかった。
    寒いと思ったらアンデスは雪が降っているらしい。いき道は道ばたには雪の後。

    途中国境超えで自分の観光ビザが切れていてた。
    捕まるかと ビクビクしていだが罰金50ペソでチリに出れた。


     アンデスの下り坂は日光七曲がり顔負けの右に左に大蛇行。

    無事にバルパライソに到着。滞在は4日間くらいか5日だった。
    バルパライソは坂の街だ。丘陵な大地が太平洋を望む。家はマッチ箱みたいに立っている。
    移動は至る所にある小さなロープウェーで坂を行ったり来たり。

    早速 バルパライソ到着後魚介類の市場に行き、海鮮ドン食べたら見事にあたった。
    1日くらい宿で寝てたね。 今度自分が良くなったら、相手が体調不良。
    水があたったらしい。その中でも地元のミロンガに行った。
    チリのバルパライソのミロンガはブエノスアイレスより古典な感じがした。
    かかる曲は聴いたことも無い古い曲ばかりだ。
    この曲は誰の演奏かと聞くと「Francisco Lomuto」と初老の親父が教えてくれた。

    海辺の街でもあるバルパライソは泳げる。泳ぎにも出た。ビーチまで電車で行った。
    夏休みでビーチは人で溢れている。メンドーサの友人も何人か来ていて一緒に海を楽しんだ。
    が太平洋はとても冷たかった。そして波が荒くいきなり深くなる。同じ太平洋でも遠浅で静かな
    自分が慣れ親しんだ伊豆の海とは大違いだった。

    回顧録が長くなったが、そんな中コンペティションに参加した。
    予選は今思えば着いた次の日だったかな。日本とアルヘンティーナの組み合わせは
    とても熱烈に歓迎された。異国の大地で、それも異国の文化をその本場の人と踊る。

    拍手をもらうと心地よかった。
    予選準決勝と無事通過し、決勝のときだ。
    決勝はバルパライソの大きなホールで行われた。
    たぶん、ダリエンソかいあたディサルリの40年代かわすれしまった。


    でもあの瞬間は今でも覚えている。


    彼女がアドルノを入れた瞬間だ。




    その瞬間、何があったかというと


    彼女以外のことを考えていた。それはどう格好よく踊るかという
    恥ずかしいことだ。



    それを考えた瞬間、
    彼女がアドルノ入れた。

    「ハぁっ」と

    その瞬間我に帰った。

    自分は恥ずかしさでいっぱいだった。



    女性は色々とアドルノ(飾り)をする。



    最近自分は タンゴはアドルノの踊りだと自分は思う。

    アドルノと言う間の世界。二人の間、音楽との間、ミロンガという社会との間




    今振り返ってもあの踊りは最高だったかもしれない。


    順番は2番だった。1番だと賞金がもらえた。
    そうすると旅費が浮いた。
    そして次の日まで滞在しようと二人で決めていた。

    なぜなら、彼女は働かなければならないからだ。
    観光客と自分とは違っていた。


    間が悪いのはこの性分だったからだろう。


    女性の皆さんに
    男性の為にアドルノを

    男性の皆さん、
    女性の為に

    踊りましょう。







    ゆっくり歩く



    音楽をゆっくり取る。






    ドンーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーードン







    リズムとリズムの間が広がれば広がるほど

    その間に様々な音楽がつくられる。

    ゆっくり取るには ゆっくり動く。


    ゆっくり動くには体全体で動かないと
    途中で止まってしまう。



    ステップも音楽だが、


    ステップとステップの間がもっとも刺激的で官能的な音楽の場所だ。



    GYU





    ちょっと 戻って

    一人で歩く編

    肩の後ろが前に落ちる。



    人間は四足歩行の動物が二足歩行になっただ。



    馬を観ても、プーマを観ても、牛を観ても  後ろより前のほうが筋肉隆々だ


    前は人間で言う上半身。



    気分はオラウータン。


    二足歩行だが四足歩行と創造してみよう。

    上体が前に行くと足は自然に動きます。



    自然の流れが大切だね。





    GYU

    二人で歩こう。

    男性は女性を大切な宝物のように。

    男性

    アブラッソは女性の肩あたりにおき、掌が下に向かないようにしてください。
    息を吐いて、相手の柔らかさを十分感じてから始めて見ましょう
    お腹を後ろにして上半身から相手を運んでください。

    脚からでると相手の足ふんだりけったりします。


    女性

    アブラッソは相手の肩におきます。肩に力が入ったり、つかまったりしないように気をつけましょう。
    行きを吐き相手を感じてお腹を後ろに、そして 背中は動いた瞬間は前に来るような感じやってみましょう。男性のエネルギーを返すように。

    注意事項は足を先に出さない、背中を後ろに落とさない、です。



    テンポはゆっくりとゆっくりと始めてください。
    音楽、相手、空間、床などあらゆる物を感じましょう。

    ポイントは慌てないでゆっくりと

    呼吸をゆっくりしてください。

    GYU


    HOME 次のページ
    Copyright © タンゴを踊ろう=アルゼンチンタンゴ人口100万人計画= All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]