忍者ブログ
アルゼンチンタンゴが 日本により広がりますように!
2017 . 02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • カレンダー
    01 2017/02 03
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28
    フリーエリア
    最新CM
    [01/01 ミロンゲーロ]
    [07/13 ラテンカラー]
    [01/12 GYU]
    [01/11 如月弥生]
    [01/11 GYU]
    [01/10 アンディいむにだ]
    [01/08 GYU]
    [01/07 Lam]
    最新記事
    最新TB
    (10/01)
    プロフィール
    HN:
    GYU
    HP:
    性別:
    男性
    職業:
    タンゴダンサー
    趣味:
    アルゼンチンタンゴ
    自己紹介:
    アルゼンチンタンゴを日本に広めべく活動している。

    丑年にあやかり邁進中。


    Vamos a bailar de Tango!
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    忍者アド
    アクセス解析
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブエノスアイレスに2004年から2005年の春まで
    ちょうど一年住んでいました。

    その年の世界選手権にちょうどその時にブエノスに住んでいた、
    Hちゃんと出場しました。

    出会いはある日有名なダンサーが空いてるミロンガに彼女を連れて
    現れた。そんなにミロンガにいなかったが地元の友達が
    「彼女は日本人だよ」
    と教えてくれた。タンゴは踊ってなかったがその日はサルサがかかり
    そのとき彼女が踊った。それは上手かったね。

    東京では見かけないからたぶん大阪や名古屋のほうの人かなと勝手に考えていたらあとで知ったのですが、彼女はアメリカ在住の日本人でした。それもサルサのプロのダンサーだった。

    明くる日 別のみロンガで彼女と遭遇、タンゴを何曲か踊った。
    最初アブラッソが合わなかったが、次第に合うと彼女の脚はとても柔らかかった。

    彼女をコンペティションに誘った。
    返事は翌週にOKをもらい、それからほぼ毎日練習することに。

    このときほどカミナンドを練習したことはなかっただろう。
    来る日も来る日もだ。約2ヶ月弱
    スタジオでミロンガで外で公園で通路で歩く歩く。
    一人で二人で、

    彼女は厳しかった。


    そして 世界選手権の日に予選は難なく通過し、そして準決勝へ
    決勝へいく自信があった。

    その準決勝1日目。サロンは3曲を踊る。
    大体10組くらいでロンダする。

    そして一曲目が掛かった。知らない音楽だった。

    そして面食らった僕は
    まったくって言っていいほど、音が聞こえなかった。
    二曲目も知らない、いやそれは正確ではない。もう覚えてない。
    3曲目は楽団は覚えているが曲は覚えてない。楽団は EL ARRANQUEだった。
    そのとき踊っている僕は会場のと大会の熱気による汗ではない、
    べっとりした汗を体中にかいていた。

    あんな体験はあれ以来ない。

    その日の夜、LA VIRUTAの練習会にいくがそこでも
    その感覚が残っていて踊るのがいやだった。

    そのな私を次の日の朝、叱り飛ばした。

    「いい加減にして」
    「あなたは誰と踊ってる?私は誰と踊ってるですか?」

    それは彼女の悲痛な叫びだ。

    わつぃは自分が上手くなることを錯覚し
    驕り高ぶって踊っていたのだ。
    一人で踊っていたのだ。


    「思いっきり踊ろう」

    何かが吹っ切れた。
    変なこだわりがなくなった。

    タンゴがこんなに楽しいと思ったことがないくらいに楽しかった。
    3曲はあっと間だった。


    そして僕らは世界選手権のサロン部門で決勝まで進めた。

    彼女のお陰だ。




    大会が終わり、採点表が見れるということなので
    サンマルティン劇場まで行き採点を見る。


    1日目と2日目では30点満点中約10点の差があった。

    もちろん2日目がよかったのだ。



    そんな彼女と大会後に 振り付けを作ることになった。


    それが 「Patetico」だ。

    その曲は準決勝2日目、3曲目に流れた。









    PR
    ブエノスでの話。

    向こうに遊学中に世界中の女性とも知り合い、儚い恋にも落ちた。
    丁度寒くなるちょっと前に、フランスのソフィーという女性と仲良くなった。
    踊りがとても合ったんだ。とても楽しかった。しかしそんな時間はながくは続かず、
    ある日二人の踊りが淡白になり全然楽しい物ではなくなった。

    電話をかけ聞いてみたら

    「あなたと私は踊りのスタイルが違うの。」
    あっさりした物だった。

    次の日、別の男とミロンガで仲良くしていた。



    ショックだった。胸の中に重く黒々した液体が湧き出てきた。
    その上、頭を重いハンマーで殴られたように身体が鉛みたいに動かなくなった。

    2〜3日後、
    その日の夜もまだ引きずってミロンガで隅の壁際で落ち込んでいたら、
    彼女の友人が僕をわざわざ踊りに誘いに来てくれた。

    そして一曲終わった後

    「あなたの踊りは最高だわ」と微笑みながら耳元で囁き

    もう一曲踊ってくれた。

    救われた気がした。

    彼女はガビートも笑顔で袖にできる女で
    ミロンガやレッスンに彼女がいると場が和んだりした。

    その時その彼女がつき合ってた
    男からも憧れるような男とつき合っていた。

    そいつにある日

    「GYU,この楽団が最高だ。」

    と教えてもらった曲が
    Lucio Demareだ。






    GYU

    タンゴの音楽で最初に覚えた名前が
    「バイアブランカ」

    だ。これはエピソードが

    それはアルゼンチンに行ったとき、
    お上りさんで調子に乗ってあるタンゲリアの
    オーディションを受けた。

    スペイン語もロクにしゃべれず、
    辞書片手に電話で「オーディションはいつだ?」
    と尋ねた。しかし全く最初は反応なし。色々電話を回されやっと通じたらしく、
    電話口の人が
    「明日夜8時に来なさい。ジャケットを来て来てくれ。」
    G「他に必要な物は?」
    「何もありません。」

    変なやり取りだった。

    翌日8時に会場に行くと、
    「昨日の予約の方ね」と


    要は客と勘違いされた。
    いや、こちらの意志が全く通じなかった。

    改めて身振り手振りで、通じてその日時を知った。

    それは二日後の二時からだった。

    その日、会場ではもうアホな日本人が来ることはスタッフ全員が知っていて
    とても丁重に扱われた。

    その時に担当者が
    「君は何を踊る?」
    と聞いて来た。

    それまでないを踊るかなんて考えてもいなかったのだ。

    とっさに出て来た言葉が

    「バイアブランカ」

    だった。

    「クンパルシータ」や「エルチョクロ」「レクエルド」なども当時してっいたと思うが
    出てこなかった。この曲だけだった。


    踊る順番の時
    ビデオ撮影しているので最初に自分の番号を言うだが
    これも担当者の人が

    「(73)セテンタ イ トレス」

    と大きく口をあけてビデオカメラの横で言ってくれた。

    このときに 60と70の区別がなかったから助かったことはいうまでもない。

    60はセセンタ
    70がセテンタ

    緊張のうちに終わった。踊ってくれた
    (そこにはカップルじゃない人用の人が男女一人ずついた。)
    女性の胸のテンションは忘れられません。


    こんな馬鹿な話だがうれしかったことがあった。


    バイアブランカを踊り終わった時に
    そこのディレクターが握手にステージまで来てくれたことだ。

    ディレクターが握手をしに来てくれた人は
    その日のオーディションで100組以上来てなかで10数組だけだった。

    アルゼンチンに来て良かったと思った瞬間だった。
    結果は知るまでもない。

    その時一緒に受けてたのが、昨年日本オープンタンゴで優勝したファクンドだった。
    彼が優勝したことは嬉しい。


    もう一つこの曲を踊り終わったら
    あるアルヘンテーノが
    「あの曲の題名は?」
    と聞いて来た。

    こう答えた

    「カルロス ディサルリの バイアブランカだ。」









    HOME
    Copyright © タンゴを踊ろう=アルゼンチンタンゴ人口100万人計画= All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]