忍者ブログ
アルゼンチンタンゴが 日本により広がりますように!
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    フリーエリア
    最新CM
    [01/01 ミロンゲーロ]
    [07/13 ラテンカラー]
    [01/12 GYU]
    [01/11 如月弥生]
    [01/11 GYU]
    [01/10 アンディいむにだ]
    [01/08 GYU]
    [01/07 Lam]
    最新記事
    最新TB
    (10/01)
    プロフィール
    HN:
    GYU
    HP:
    性別:
    男性
    職業:
    タンゴダンサー
    趣味:
    アルゼンチンタンゴ
    自己紹介:
    アルゼンチンタンゴを日本に広めべく活動している。

    丑年にあやかり邁進中。


    Vamos a bailar de Tango!
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    忍者アド
    アクセス解析
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ブエノスでの話。

    向こうに遊学中に世界中の女性とも知り合い、儚い恋にも落ちた。
    丁度寒くなるちょっと前に、フランスのソフィーという女性と仲良くなった。
    踊りがとても合ったんだ。とても楽しかった。しかしそんな時間はながくは続かず、
    ある日二人の踊りが淡白になり全然楽しい物ではなくなった。

    電話をかけ聞いてみたら

    「あなたと私は踊りのスタイルが違うの。」
    あっさりした物だった。

    次の日、別の男とミロンガで仲良くしていた。



    ショックだった。胸の中に重く黒々した液体が湧き出てきた。
    その上、頭を重いハンマーで殴られたように身体が鉛みたいに動かなくなった。

    2〜3日後、
    その日の夜もまだ引きずってミロンガで隅の壁際で落ち込んでいたら、
    彼女の友人が僕をわざわざ踊りに誘いに来てくれた。

    そして一曲終わった後

    「あなたの踊りは最高だわ」と微笑みながら耳元で囁き

    もう一曲踊ってくれた。

    救われた気がした。

    彼女はガビートも笑顔で袖にできる女で
    ミロンガやレッスンに彼女がいると場が和んだりした。

    その時その彼女がつき合ってた
    男からも憧れるような男とつき合っていた。

    そいつにある日

    「GYU,この楽団が最高だ。」

    と教えてもらった曲が
    Lucio Demareだ。






    GYU

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    Claudio y Melina HOME ディサルリ
    Copyright © タンゴを踊ろう=アルゼンチンタンゴ人口100万人計画= All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]